受験生・保護者の皆さま

専攻・専修紹介

養護教育専攻

在学生からのメッセ-ジ

養護教育専攻は昨年度新設されました。学生は模擬保健室を備えた実習室で、常に実際の保健室をイメ-ジする中で学習できることなど整った学習環境、そして現在の学校教育や子ども達の課題に対応したカリキュラムや養護教諭経験、学校医などの経験を有した教授陣という非常に恵まれた環境の中で学ぶことができます。また、1年生から附属学校での集中講義や専攻合宿など実践的な学びを深めるための多彩な授業環境の設定や独自の専攻行事の中で育てられる力は、養護教諭としての能力に限らず、今後の社会で生きるための視野を広げ、豊かな人間性を育みます。少人数制により、教授陣との距離が近く、学習や生活上の悩み等、きめ細やかなサポ-トを受けることができます。また専攻内での結束力、チームワークは強力で、今後ますますチ-ム力が求められる教育現場でも強みとなることでしょう。

養護教育専攻がめざすもの

近年、アレルギー性疾患、いじめ、不登校、児童虐待や発達障害など子どもを取り巻く心身の健康課題が深刻化しています。そのような中、養護教諭の役割が重視されています。そこで、本養護教育専攻では、健康課題解決のための教育力、学校内外の組織や機関及び他職種との連携力、コーディネート力、マネジメント力を備えた養護教諭を育てます。

養護教諭とは

養護教諭とは、「養護をつかさどる」教育職員のことです。「養護」とは、学校におけるすべての教育活動を通じて、健康教育と健康管理によって子どもの健康の保持増進を図り、併せて子どもの発育・発達の支援を行うことです。養護教諭は、幼稚園、小学校、中学校、高等学校、特別支援学校等の保健室を中心に活動しています。

教育内容・方法上の特色

養護教育専攻では、1年生の時から、養護教諭に必要とされる専門的知識や技術を学びます。国立大学医学部の教員による臨床医学科目も配置されています。学年が進行するにしたがって、基礎的な知識を実践に活用する応用力を身につけるために、医学と教育とのつながりを重視した病院での臨床実習や、現代的な健康課題に対応した機関での実習を行います。さらに教育実習、保健室でのボランティア活動、インターンシップを通じて社会的実践力を身につけていきます。

取得できる免許状・期待される進路

養護教諭1種免許状を卒業要件とし、合わせて中学校・高等学校教諭免許状(保健)が取得できます。幼稚園、認定こども園、小・中・高等学校特別支援学校の保健室に勤務する養護教諭、また大学院への進学などがあります。

主な授業科目

養護学概論 養護教諭の活動の実際
健康相談論 学校看護学
臨床医学概論・各論/臨床実習 学校救急処置概論
衛生学及び公衆衛生学 予防医学
学校環境衛生 学校保健
学校健康教育 解剖生理学
精神保健 歯科保健
栄養学 微生物学

担当教員

鎌塚 優子 鈴江 毅
谷 健二 矢野 潔子