受験生・保護者の皆さま

専攻・専修紹介

保健体育専修

在校生からのメッセージ

保健体育教育専修では、教員になるための一般教養や教職科目に加え、保健体育科の教員になるために必要な力を、球技や陸上、器械運動、水泳といった実技科目、保健体育科教育保健学や体育原理、体育・スポーツ心理学、運動学、学校保健、衛生学などの講義科目を通じて学びます。
実技科目では、様々なスポーツを体験することで、運動能力の向上はもちろん、そのスポーツの歴史、ルールの特徴や、教師として子どもたちに教えるための指導法も同時に学んでいます。講義科目では、保健体育の授業をより深く、面白くするための基礎から発展までを学びます。実技も講義も保体の仲間が一体となって取り組むことで、強い仲間意識ができます。困ったときには、同級生や先輩方、先生方が相談に乗ってくださるため、4年間、有意義な大学生活を送ることができると思います。あなたも保健体育教育専修で充実した大学生活を送ってみませんか。

体育と保健の総合力をもった教員養成

保健体育教育専修では、身体(からだ)を動かすことの喜びを自ら知るとともに、それを未来ある子どもたちに伝えることの出来る教員の養成を目指しています。
そのためには、まず心身の健康・体力を保持・増進することを前提とした、発育・発達のメカニズムを知り、伝える運動文化そのものに対する深い知識を養成することが必要となります。保健体育教育専修では、その見方・考え方をもとにして、子どもたちの潜在的に無限な身体的可能性を引き出すことの出来る、実践的な指導力が身につくようにカリキュラムが用意されています。またこうしたカリキュラムの根底には、子どもたちの心身の調和と身体の根源である命の尊さ、またそれを実現できる社会の在り方に対する関心が常にあらねばならないという理念があります。
保健体育教育専修では、こうした健全な「身体(心との調和を視野に入れた)」を対象として教え、育て、ともに学び合う教育者の養成を目指教え、育て、ともに学び合う教育者の養成を目指しています。

取得できる免許状・期待される進路

小学校教諭免許状、および中学校教諭免許状(保健体育)が取得できます。さらに、必要な単位を修得すれば、高等学校教諭免許状(保健体育)の取得も可能です。

主な授業科目

陸上競技 球技
運動生理学 器械運動
武道 水泳
ダンス 衛生学及び公衆衛生学
予防医学 体育原理
体育・スポーツ心理学 体育・スポーツ経営学
運動学 体育統計学
学校保健 保健体育科教育法

担当教員

赤田 信一 新保 淳
岡端 隆 杉山 卓也
谷 健二 野津 一浩
山崎 朱音 河合 学
祝原 豊 村田 真一