受験生・保護者の皆さま

専攻・専修紹介

幼児教育専修

在校生からのメッセージ

幼児教育専修では、乳幼児の教育・保育について専門的に学びます。乳幼児の心理や幼児教育について理論を学ぶだけではなく、幼児音楽や表現、幼児体育、乳幼児の健康指導などについては実技を通して身につけます。幼稚園や保育園などの実習では、経験豊富な現場の先生方から丁寧な指導を受けることができ、実践的な学びを得られるのが強みです。実習で学んだことを活かしながら、大学での学びもより一層深まっていきます。また、この専修では、幼稚園教諭免許・保育士資格に加えて、小学校教諭免許を取得することができるので、卒業後の進路の幅も広がります。
幼児教育専修は、少人数で先生との距離も近く、アットホームな雰囲気です。このように恵まれた環境のなかで充実した毎日を送りながら、それぞれの学びを深めていけるのが幼児教育専修の何よりの魅力です。

幅広い教養と人間性

「子どもの心の成長をとらえよう」「豊かな感性と表現の追求」「子どもの思いを理解し、受けとめ、育てる」をキャッチフレーズに、この専修では、生活し遊ぶ子どもに対する深い洞察力・受容力、柔軟な指導力を持つ幼稚園教員・保育士の養成をめざしています。そのために、学生が人間の発達や保育に関する幅広い教養を身につけ、人として豊かに成長していけるようなカリキュラムづくりに努力しています。

“触れ合い”の授業

カリキュラムの特徴は、洞察力・受容力・指導力に加えて、適切な判断力と豊かな構想力を持った保育者を育てるための演習や実習の充実です。
さらに、授業の中で教師との対話を多く持てるように努力しています。基礎知識・技能を身につける科目は1年次から開講され、保育現場や学校などでの実習は2年次から4年次まで毎年行われます。3年次からは、それまでの授業や実習をふまえ、より専門的な知識・技能を修得していきます。最後の4年次には、それまでの集大成として卒業論文を書きあげます。

取得できる免許状・期待される進路

幼稚園教諭免許状、小学校教諭免許状、保育士資格が取得できます。卒業生の多くは、幼稚園・保育所や小学校に勤めていますが、なかには公務員として就職する人もいます。

主な授業科目

乳幼児教育学 幼児の健康と運動
乳児保育 保育内容「環境」の指導法
乳幼児理解と相談 保育内容総論
幼児と表現 子ども家庭福祉

担当教員

吉田 和人 田宮 縁
石原 剛志 石川 眞佐江