受験生・保護者の皆さま

専攻・専修紹介

美術教育専修

在校生からのメッセージ

美術教育専修は、教員になるための教養と、絵画や彫刻、デザインから工芸まで様々な分野を実践的に学び、美術史、美術教育についての考えや知識を深めていくことができます。迷ったときには相談に乗り導いてくださる頼もしい先生方、先輩方、そして共に悩み笑え合える仲間がいます。多面的な捉え方を学び、新たな世界の広がりを実感しています。今後も美術に積極的に関わり、ものをつくることで社会と繋がっていきたいと強く感じています。またボランティアなどの教育活動を通し、学んだことを実践に生かすことが、制作はもちろん目標とする教師像にも反映されているように思います。子どもたちと関わることは様々な驚きや喜びを与えてくれるとともに感受性を豊かにしてくれます。ともに自分だけの表現を見つけていきましょう。

美術教育専修の内容

絵画・彫刻・デザイン・美術史・美術科教育等、教科の専門性を身につけるための科目群によって構成されています。それらの基礎理論と技能の修得によって創造的な能力を育成し、豊かな感性を持った教員を養成します。そしてそれは、今日、学校教育において重視されている思考力・判断力・表現力の育成と密接な関係を持っています。静岡大学では、造形芸術各領域の教員が密に連携することで、学生の幅広い能力の開発を目指しています。卒業研究は制作または論文で行い、その成果は卒業制作展で発表されます。

取得できる免許状・期待される進路

小学校教諭免許状、および中学校教諭免許状(美術)が取得できます。必要な単位を修得すれば、高等学校教諭免許状(美術)や学芸員資格、社会教育主事資格などの取得も可能です。
進路としては、学校教員を中心に公務員、そして広告代理店や制作会社、その他一般企業に就職する学生も増えています。また本学大学院教育学研究科や他大学大学院への進学の道も開かれています。クリエイティブに問題解決していく創造的能力が多方面で求められています。

主な授業科目

基礎デッサン デザイン基礎
絵画論 デザイン技法
絵画基礎 デザイン研究
版画研究 工芸研究
彫刻基礎 美術史調査実習
実材研究 美術史概論
彫刻論 美術教育研究

担当教員

白井 嘉尚 大宮 康男
名倉 達了 芳賀 正之
伊藤 文彦 髙橋 智子
川原﨑 知洋