受験生・保護者の皆さま

専攻・専修紹介

理科教育専修

在校生からのメッセージ

理科教育専修では、物理、化学、生物、地学、理科教育の全分野を学びます。例えば、生物や地学の授業では実際にフィールドに出て里山について学んだり地層を観察したり、と普段なかなかできないことを体験できる機会も多いです。
3年生からは各自がゼミに分かれて専門分野の研究を行います。先生方が各分野に何人もいらっしゃるので、自分のやりたいことを見つけ、研究を進めていくにも最適な環境だと思います。私たちが所属している理科教育学研究室では、活動の一環として科学教室や科学館へ行き子どもたちの学びのサポートをしたり、理科の教材開発や教材研究をしたりしています。研究室の先生方や専修の仲間とも仲が良く、お互いを高め合いながら楽しい大学生活を過ごしています。
一緒に未来の子どもたちに理科の楽しさを伝えられる教師を目指しましょう。

科学の追求と楽しい理科の授業づくり

科学の進歩はますます加速度を増し、新しい科学の内容を理解するには大変な時代になってきました。このような時代に適応した、専門性豊かな理科教師のプロとして必要とされる能力を身につける教育が受けられます。最先端の科学の進歩を理解する能力、実際に科学を追求する能力、理科の授業やカリキュラムを現在の社会状況という視点から捉え直す能力、科学の本質に基づいた楽しい理科授業を生み出す能力を育成します。

優れた教授陣

物理学・化学・生物学・地学・理科教育学の種々の専門にわたる教授陣からなり、設備的にも優れたものが多く、それぞれの分野で国際的にも最先端の研究が進められています。また、これまでの多数の卒業生とのつながりも密であり、色々な研究協力をしていただいています。研究室には3年次から入り、指導教員の指導を受けます。それぞれの研究室にはそれぞれの伝統があり、少人数のゼミナールはもちろん、各研究室固有の諸活動に参加でき、広く深く専門知識を習得でき、優れた理科授業が創造できるように配慮されています。

取得できる免許状・期待される進路

本専修のほとんどの学生は、小学校教諭免許状、中学校教諭免許状(理科)、高等学校教諭免許状(理科)を取得して卒業します。現役で小学校・中学校・高等学校の教員に採用される以外に、国内外の大学院進学者も多いです。大学院では専修免許状が取得でき、教職以外に研究開発職に就く修了生も少なくありません。

主な授業科目

実験(物・化・生・地) 基礎科目(物・化・生・地)
量子物理学 物理数学
有機化学 分析化学
物理化学 発生生物学
進化生物学 生態学
自然災害学 地球システム
地球史 理科教育法Ⅰ~Ⅳ
理科教育学演習Ⅰ・Ⅱ 理科教育特講

担当教員

板垣 秀幸 内山 秀樹
加藤 英明 熊野 善介
栗原 誠 郡司 賀透
古賀 幹人 小南 陽亮
小山 眞人 鳥居 肇
延原 尊美 本多 和仁
雪田 聡